読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MONOろ〜ぐ

〜音の記憶と記録を思いつくまま•••

そば屋 part2

音楽 70年代 GARO テレビ

当時(大野さんが音源探しをしていた頃)、私はNHKの「あなたのメロディー」と「みんなのうた」でGAROが唄った曲は、「エプロンドレスの女の子」と「銀色の世界に二人」、「どこまでも駆けてゆきたい」しか知らなかったのだが、大野さんに近い知人から『他に「そして君は」という曲もあるのだけれども見つからない』という話は聞いていた。

 

そんなある日、とあるGAROファンの方のBBSで、「あなたのメロディー」でGAROが唄った曲の作者だという方が名乗り出てきたのを見つけ、初めてその他にも「そば屋」という曲が存在していた事を知った。

 

たまたまその頃、やはりGAROファンのAさんが昔録りためた音源をいくつか借り受けていた。

 

それらを順番に、中身を確認しつつ聴き入っていると、今までに全く聴いた事のない曲が始まった。

 

最初はこれが「そして君は」か?と思ったが、詩の内容からすると、例の「そば屋」では?!•••

 

•••すぐに知人を介して大野さんに連絡し、数日後には大野さんから直々に電話を頂き、持ち主のAさんと直接コンタクト出来るよう手配した結果、この時私が発見した音源がめでたくBOXに採用されたのであった。