読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MONOろ〜ぐ

〜音の記憶と記録を思いつくまま•••

インスパイア

音楽 70年代 マーク

時々知っている曲に良く似たものに出逢う事がある。

 

そういう時にいつも思い出す。

 

高校時代、住んでいた団地の商店街の本屋の前に、週末になると中古のレコードを売りに来ていた時期があった。

 

いつも段ボール箱3個分くらいのLPレコードを広げていて、確か1枚500円だったかな。

  

新品で買うほど好きではないが、ちょっと興味があって聴いてみたいものがあったりすると、何枚かまとめて買って聴いていた。 

 

「AMERICA」などはほとんどがこの中古レコード屋さんで手に入れたものだった。

 

当時この「AMERICA」の曲にそっくりだなぁと思った曲が2曲あった。

 

•「Sister Golden Hair」のイントロ→「男どうし」(杉田二郎)のイントロ

•「Daisy Jane」→「3号線を左に折れ」(風)

※どちらも曲がそっくりというよりはアレンジがそっくり?

 

逆に、言われてみないとわからないものもたくさんある。

 

「レジェンド•オブ•ロマンス」というラジオ番組にゲストで行った時にマークが話していたのが「ウッドストックの夏」という曲はポール•マッカートニーの「Junk」にインスパイアされて作った曲だと。

 

もう1曲、「涙はいらない」もある曲からインスパイアされたものだけど、「これは言わない!」で終わってしまった。(笑)

 

私は知っているのですが、あえて言わないでおきます。

 

※ヒント:二人組の超有名曲のワンフレーズを聴くとおお〜っ!!!となります。