読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MONOろ〜ぐ

〜音の記憶と記録を思いつくまま•••

街路樹

「学生街の喫茶店」を聴いていた時、急に大学時代の記憶が蘇ってきた。

 

当時通っていたのは横浜市内にある大学。

 

同期で仲の良かったO君

 

http://mono-log.hatenablog.jp/entry/2016/08/19/210658

 

と、講義が終わって連れ立っての帰り道、ゲーセンやパチンコもよく行ったけれど、喫茶店にも毎日のように立ち寄った。

 

当時はまだ街中にいくつも喫茶店があった時代。

 

東横線の最寄り駅の近く、駅前の商店街からは少し離れた場所にあった、その「学生街の喫茶店」の名前は忘れもしない「街路樹」だった。

 

その店の各テーブルの真ん中には細身のワイングラスのような入れ物が置いてあり、中にはいつもタバコが5、6本立っていた。

※確かセブンスターかマイルドセブンのどちらかだった。

 

手持ちが切れた時に喫うも良し、席に着いていきなり喫うも良し。

※もちろんそれはサービスで置いてあるので無料。

 

そんな事もあり、とても居心地の良い空間だったな。

 

ボブディランの曲が流れていたかどうかは全く記憶にないけれど•••