読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MONOろ〜ぐ

〜音の記憶と記録を思いつくまま•••

何じゃこりゃ?!

数日前にネットで買った物がヤマトDM便で発送されたという通知が来たので、問合せ画面を開いてみたところ•••

 

f:id:tomoibe1011:20170426181703j:image

 

「調査中」なんていうステータス、初めて見たぞ。

 

ネットでちょっと調べてみたら、誤配達などで行方不明、宛先住所の不備、パッケージの破損などでこのような表示になるらしい。

 

今まで何度も利用している店での買い物だから宛先不備はあり得ないし•••

 

何か事故があっても確かDM便は補償されないんだよねぇ。

 

まぁ高額な物を買った訳ではないのでその点はあまり気にしていなくて、どちらかと言うと何が起こったのか、の方に興味津々!(笑)

 

果たして無事に届くのであろうか?•••

 

•••半日くらいはこの状態が続いたが、その後何事もなかったかのように、届いていた。

 

f:id:tomoibe1011:20170426183055j:image

 

謎である•••

急転直下

月曜日から金曜日に変更になったはずだった遅番勤務が諸々の事情によりやらなくて済む事になった。

 

•••という事は、金曜日の集まりに参加出来るかも!?

 

さて、どうしようか?•••

 

もう一度スケジュール調整のやり直し!

被ってしまった!

昨日は遅番勤務のはずだったのだが、当日になって金曜日に変更になってしまった。

 

金曜日は恒例の地元の集まりの日で、久しぶりに参加するつもりでいたのだが•••

 

いつもGAROの演奏をご一緒しているSさんにもそろそろ連絡を、と思っていたところだったのだけれど、どうやら来月に持ち越しである。

 

寒い間ギターも歌もサボっていたからウォーミングアップも始めねば!

熱狂

1973年9月16日。

 

この頃のGAROの人気は本当に凄まじいものがあった。

 

この年に発売されたアルバム「GARO LIVE」を聴いても歓声が凄いのだが、この日のライブではまさにそれを肌で感じる事になった。

 

その中でも最高潮に達したのはこの曲だったか•••

 

SIDE A/SIDE B

ここ1、2年、カセットテープが復活してきているそうな。

 

90年代のMDの登場と同時に需要が減っていき、さらには大容量のメモリー(MP3)に取って代わられたと思っていたのだが、レコード盤と同様、まだまだアナログな音も捨てたものでないと見直されているようだ。

 

昔(70年代、80年代)の音源もカセットテープがあったればこそ。

 

ただ、最長でも120分しか録音出来ないのに加え、最大の欠点は途中でひっくり返さなければいけない事。

 

オートリバース機能が付いていれば良いのだが(それでも数秒間は無音になるが)、付いていない機種で生録中にうっかり忘れるとこのような結果になってしまうのであった•••

 

 

でも••• part2

先日のもの

 

http://mono-log.hatenablog.jp/entry/2017/04/08/222736

 

とは別に作られたイントロ〜メイン部分。

 

これもまだ歌詞は付いていないが、曲としてはほぼ完成形に近い。

 

確かこの曲はクイーンからインスパイアされて作ったと言っていた気がする。

 

ロマンス&ロマンス

1973年にオリジナル曲では初めてオリコンにチャートイン(最高3位)した曲。

 

何よりシングル曲を決めるコンペで選ばれたという事で、マークはとても嬉しかったそうな。

 

この年は「学生街の喫茶店」、「君の誕生日」に続けての大ヒット3連発で、レコード大賞(大衆賞)、紅白歌合戦につながる事にもなったしね。

※でも当時のアコギ大好きギター少年にはあまりピンと来ないというか、物足りなかったというか•••

 

活動再開後の五反田のライブハウス「Rocky」で定期的(月一)に演っていたマーク&CASHのライブでの定番曲にもなっていて、いつも唄いだしで岩崎宏美の方の『あなたお〜ねがいよ』でボケるのがお決まりになっていたっけ。(笑)

※ラジオ番組「レジェンド•オブ•ロマンス」のテーマ曲でもあったね。

 

1973年9月、岩崎宏美がデビューすらしていないこの時には、まさか35年後にそんな事になるとは想像だにしなかったよなぁ!?

 

 

まさにレジェンド•オブ•ロマンス!?