読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MONOろ〜ぐ

〜音の記憶と記録を思いつくまま•••

HAIR

GAROが1969〜70年に上演されたミュージカル「ヘアー」日本公演がきっかけで結成されたという事は知る人ぞ知る話である。

 

その公演はとある事件があって短期間で終わってしまうのだが、ある意味そのおかげでGAROが誕生したと言えるかもしれない。

 

そしてその約10年後の1980年にも再度別演出、別キャストで上演されたという事はご存知だろうか。

 

その時のメンバーも名の知れた方々がけっこう名を連ねている。

 

宮本亜門タケカワユキヒデ時任三郎、荒川務•••

 

そして実はCASHの太田シノブさんもマーク、ボーカルと同じ「ウーフ」役で参加していたそうである。

 

その後何十年も経ってから一緒に組んで音楽活動をやる事になるなんて、マークもシノブさんも夢にも思っていなかった事だろう。

 

偶然と必然、人の縁とは本当に不思議なものであり、素敵な事であるとつくづく思う。