読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MONOろ〜ぐ

〜音の記憶と記録を思いつくまま•••

夏の終わりのハーモニー

長らくご無沙汰していて、昨年の暮れ以来となる地下にあるその店内では、着々と準備が進められていた。

 

いつもは平日の夜のオヤジ達の集まりなのだが、今回は特別企画で土曜日のティータイム、ファミリーバンド大会と銘打たれ、みなさん家族を連れての参加である。

 

 生ギターのみのグループは我々のみで、トップバッターで妻と2人で2曲、そしていつものSさんを加えて3人で3曲。

 

練習不足でかなりあぶない出来ではあったが久しぶりのステージでの三声ハモが心地よかった。

 

他のグループはバンド形式で、中でも小学生や中学生の息子さん達がかなりの腕前のドラムを叩き、お客さん達は皆感心しきり。

 

なかなか将来有望である。

 

最後のレギュラーバンドのステージ後にはスペシャルゲストの演奏もあり、ここでひとまず中締め

 

その後はフリータイムとなり、今回出番の無かった人たちをステージに引っ張り出したり、2回目の演奏をしたりで、我々も便乗して3人でさらに4曲。

 

現在出来る持ち歌をすべてやり尽くした我々は、燃え尽きて?(笑)雨のそぼ降る中、帰途についたのであった。

 

※しまった!東郷さんに「浜の足跡」の事を伺うのを忘れた‼︎