読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MONOろ〜ぐ

〜音の記憶と記録を思いつくまま•••

青春の旅路

GARO最後のアルバム「三叉路」の最後に収録されている、ボーカルこと大野真澄氏の曲のタイトルである。

 

マークが突然去ってしまった2014年の暮れから4ヶ月、昨年4月からスタートした大野さんのライブシリーズのタイトルでもある。

※正確には「大野真澄GARO 青春の旅路」

 

4月までの1年で東京でのACT1からACT3までと追加公演2回、鎌倉での公演の計6回参戦?してきた。

 

f:id:tomoibe1011:20160719203422j:image 

 

メンバーの鈴木雄大氏と太田美知彦氏とによるGAROナンバー(キーボードで細井豊氏も参加)は「ホンモノそっくり」とはいかないまでも、時にオリジナルを彷彿とさせる演奏•コーラスワークを聴くことができる。

 

改めてGAROはギターにしてもコーラスにしても難しい事をサラッとやっていたんだなぁとつくづく思う。

 

次回、ACT4はどんなステージが観られるだろうか。