MONOろ〜ぐ

〜音の記憶と記録を思いつくまま•••

70年代

10年前の生放送 part5

ちなみにこの日のライブのO.A.を務めたのは宮崎出身の若い2人、ライブ序盤の「ロマンス」でセッションしたバイオリニストの日高慶子さんと、後半、この日2回目の「学生街の喫茶店」で共演した、シンガーソングライターの服部赳志クン。 お二人とも現在も活…

10年前の生放送 part4

毎月の東京•五反田「Rocky」でのライブとは場所こそ違え、メンバーも同じだし、曲目も馴染みのものばかりだというのに、シノブさんもヒロさんも悪戦苦闘!という感じの前半戦。 ようやくこの辺りから落ち着きを取り戻してきた感じかな?

10年前の生放送 part3

ハイテンションで最初から飛ばし気味のマークに周りは付いていくのが精一杯という感じ!?(笑) それでも決して走ってしまう事なく、むしろ普段よりも遅いくらいのテンポをちゃんとキープしている。 一種異様な雰囲気を漂わせつつライブは続く•••

ようやく始動?

昨日の久しぶりの遅番勤務は、珍しく早めに終わって20時前には職場を後にする事が出来たのだが、病み上がりの身体にはやはり少々キツかった。 9月に予定している「還暦ライブ」の幹事役の後輩から来月に1度集まりたいとメールが••• ちょうど地元の集まり…

10年前の生放送 part2

•••で、その本編であるが、やはり今聴いてもかなりビミョーな感じなのは仕方ないところか••• なんだか3人、ぜんぜんかみ合ってないし•••(笑) 確かこの頃は、何度かあったマークの状態が(肉体的にも精神的にも)あまり良くない時期だったんじゃなかったかな。…

10年前の生放送

朝の通勤時、いつものようにiPhoneを音楽プレーヤーにして電車に乗り込んだ。 モードはシャッフルにして! ボンヤリと何曲か聴いた後、なにやら何かのライブのような音が聞こえてきた。 思わず画面を確認する。 そうか、これも入れていたっけ!? 緊張気味の…

そろそろ終わったかな•••?

確か今晩が追加公演だったはず。 いちおう記録として残しておきますか。 4/26(木)に行われた、元GAROのボーカルこと大野真澄氏のライブ。 「大野真澄 GARO 〜青春の旅路〜 ACT7+α」 - 2018/4/26 ラドンナ原宿 - A.G.、Vo.:大野真澄 P.F.、A.G.、Vo.:太田…

また今日も聴いている

ビートルズを聞かなくなる事があっても、GAROを聴かなくなる事は無いのかもしれないなぁ•••(笑)

次々と残念なニュースが•••

ギタリストの井上堯之氏の訃報が届いたばかりだったところに、作曲•編曲家の東海林修氏も亡くなっていたというニュースが! お二人ともGAROと関わりのあった方々。 ファースト•アルバムで「二人の世界」、「水色の世界」、「地球はメリー•ゴーランド」の編曲…

半音上げpart2

TBSテレビの「ぎんざNOW!」は平日の夕方、毎日やっていたから、かなり頻繁に視ていたような印象があるが、実際には高校に入ってからは帰宅すると既に終わっている時刻だった事が多かったろうから、視たのは中学生の時が多かったのだろうと思う。 実際、この…

放課後といえば•••

いちばん印象に(記憶に)残っている放課後の風景は、高校時代の部活動(3年間フォークソング部だった)はもちろんなのだが、やはり高校1年生の時かな。 入学した高校はまだ新設されて2年目の都立高校で、1年生当時は当然3年生がいなく、校舎の1フロアーま…

作戦成功!

普通に朝出発しちゃうと大渋滞のさらにピークにハマるのが目に見えているので、それを避けるのは夜明け前に出るか、それとも朝ゆっくり出るか••• 今回は後者を選択。 別に住む長男を拾って出発したのがちょうど11時。 関越道に乗るまでが若干混んだものの…

雨天決行!?

大渋滞にハマるのは必至、しかも天気も荒天確実ではあるが、それでも温泉ともつ煮の誘惑には勝てず?(笑)出掛ける事に。 今回こそ家族全員揃って•••と行きたかったのだが、地方の友人が上京してくるからと、次男は留守番する事に。 行くのに多少時間がかかっ…

5%は何音?

前回は編集ソフトを使って半音上げてみたのだが、今度のものは音程の狂いが僅かだったので、別の方法で調整してみた。 今回やったのは、全体の長さを変更するというもの。 正しいピッチよりもほんの少しだけ低かったので長さを95%にし、これにより5%分だけテ…

やはり予想通り

一昨日、BUZZの東郷さんのお誕生日だったので、お祝いのメッセージを送ったついでに先日発見した写真も送って訊いてみた。 http://mono-log.hatenablog.jp/entry/2018/04/18/235706 t『東郷さんもGAROに負けずキラキラのギターをお持ちだったのですねぇ?』 …

なつかCM!

GAROでコマーシャルと言えばこの曲を思い出す人がいちばん多いのではないだろうか? フルコーラスの、ちゃんとした曲になっているものはCD化されて発売されたけれど、やっぱり聴き慣れたこれでしょ!? ※この最後の決めゼリフがなくちゃね!?(笑)

半音上げ!

だいたいの使い方がわかったので、ちょっと音源を編集してみた。 ギターのチューニングを半音とか全音下げるというのはよくある話だが(上げる方はギターにも弦にも負荷がかかって良くないので、まずやらない。)、録音された音源のピッチが合っていないという…

ACT7!

前回のACT6が確か10月だったから、約半年振り、今年初めての大野さんのライブ。 いつものように仕事は早めに切り上げて帰宅ラッシュの中、原宿駅へと向かう。 竹下通りを抜け、 ラドンナへ。 今晩のライブも休憩を挟んだ2部構成。 場内の照明が落とされた中…

うまくできるかどうかお試し中!

昔の音源で残念なのは、時々元のピッチではなく音程が高かったり低かったりするものがある事。 70年代に録音された音源は、当然今と違ってデジタルではなく、アナログ(カセットテープ)のものなので、もともと録音した機械と再生する機械が違うと、微妙に回…

ご要望にお応えして•••

今までいくつもの音源を動画形式に変換してYouTubeにアップしてきたが、表示する画像は特に何も設定せずに、変換ソフト「Free make Video Converter」に標準で用意されているアニメーションをいつも使用している。 つい先日、アップしているうちの1本に、『…

2人とも好きだった?

この曲は記憶では10数年前、「Bad Friends」の集まりの時にマークが持って来てくれた音源CDの中に入っていたもの。 マーキーでのソロライブでも時々唄っていた曲だが、これはライブの音源ではなく、知人から頼まれて参加した、とあるパーティーでの演奏…

今度本人に訊いてみよう

昨日は遅番だった事もあるし、今日は定時で退社! 発掘した昔の雑誌をパラパラとめくっていたら、BUZZの写真を発見!? 小出さんだけでなく東郷さんもギターを抱えている珍しい(いや、特に珍しくはないのかもしれないが•••BUZZはあまり詳しくないもので•••)…

ビートルズを聴きながら•••

懲りずに今晩も少しだけ夜更かし。(笑) 既に他の方がアップしているものと同じ音源ではあるが、我が家からも発見されたので、いちおう記録を残すためにアップしておく。

ブレーク前夜

この日のラストを飾ったのは、定番だったこの曲。 1972年9月といえば、自分はギターを始めて間もない頃。 ようやくGAROの事を知って聴き(弾き)始めた時期だろうか。 翌年、この岡山のライブからほぼ1年後の日比谷野音に出掛ける事になり、さらにはその後、…

このバージョンも◎

人それぞれ好みはあるだろうけれど、GAROの曲でメンバーオリジナル以外の曲の中では、この曲がいちばん好きかな。 色々なライブ音源を聴いてきた中でも、トミーのスリリングなギタープレイが聴ける「GARO LIVE」に収録されているバージョン(名演!)がやはり…

どちらが正しいのかわからなくなる•••

「地球はメリーゴーランド」といえば、GAROの初期、トミーの代表曲。 CMに使われたり、多くのミュージシャンがカバーする名曲であるのだが、何故かトミー、毎回のように歌詞を間違える。 1番、2番とも、最後の部分は『〜◯◯◯◯まわるよ〜』で、正式には1…

何もかもという訳でもない

昨日の遅番勤務は、ノー残業デーだから早めに帰れるかと期待していたのだが、甘かった••• 何だかんだで21時近くまでかかってしまい、帰宅は22時過ぎ。 あと3日、キツそうだなぁ••• •••それにしても、いやぁ•••インターネットって本当に凄い!? ダメ元…

微妙な違いが•••

この音源、1972年、岡山としか記録が残っていなくて、詳細な日時や場所、イベント名が解らない。 ただ、この曲を演る前の紹介で、『今度10/10に出るシングル』と言っているので、9月くらいなのではないかと推測している。 よ〜く聴いてみると、ボーカル(大…

こんな事もやってたんだ!?

この曲自体、ほとんどライブバージョンは聴いた事がないのだが、さらに加えて、サビの部分をお客さんと一緒に唄っている!? 実は演奏前、トミーが主導して一緒に唄ってもらう部分を練習していたのである。 あの口ベタなトミーが!?と、ちょっとした驚きも…

なるほど、こういう事だったのか•••

またまた新発見!? 我が家の蔵(無いない!(笑))からほとんど聴いてなかった音源を発掘! 元GAROの大野さんが、よく「学生街の喫茶店」について、最初(当時)は好きではなくてライブで唄うのが嫌で、フリを付けたりして真面目にやらなかった、というような事…