MONOろ〜ぐ

〜音の記憶と記録を思いつくまま•••

トミー

TUBE

このブログとは別に、時々YouTubeに動画(ほとんどは映像なしの音源を動画形式に変換したもの)をアップしていて、ブログに貼り付けて紹介している。 元々このブログを始めた目的の半分は、自分が持っているGAROやマークの音源を昔のGAROファンや、それに加え…

古雑誌

連休も終盤に差し掛かってきたが、今日も買い物以外どこかに出掛けるでもなく、家でのんびり。 古雑誌と言っても廃品回収に出すゴミではなく、今となってはお宝となった音楽雑誌。 1973年のとある一冊を開くとこんな特集••• 例の2人は••• そしてこんな記事…

でも••• part3

この曲は歌詞も付いていて、より完成形に近い仕上がりになっている。 最終的には詞を少し変更した事が確認できる。 元のままでも悪くはないけどね。

何十年経とうとも•••

今晩は荒れた天気になりそうなので早々に退社。 帰りの車内では久しぶりにじっくりとGAROを聴く。 マークの最高傑作(の1つ)が「涙はいらない」なら、この曲はやはりトミーの最高傑作(の1つ)だろう。 今まで何人ものミュージシャンがカバーしたり、CMに使わ…

ギター談義 part2

元GAROのトミーがオールド•ギター好きでコレクターでもあった事はよく知られている。 大野さん曰く彼が手に入れたモノ(ギター)はいわゆる「当たり」のものが多く、本当に良い音がするものばかりだったそうな。 それだけ見る目、耳があったという事だな。 コ…

•••その後•••

夕方になると1人で暮らしている長男が用あって戻ってきた。 その頃には猛烈な寒気で4枚くらい重ね着しなければ耐えられないほど。 夕食の鍋で暖まって少し落ち着いたが、食後の体温37.5℃! 身体もしんどくなってきたので長男を見送ったあと早々に横になる…

ギター談義

ついこの間年が明けたと思ったら、あっという間にもう3月!? 先日古い本を引っ張り出した時にもう1冊、ギター関連の雑誌が出てきた。 日付を見ると36年前の3月号。 ここでもトミーは元気な姿を見せていた。 対談の相手は“スティーブン”•スティルス。 ※…

ギター講座

今日はギターを習いに••• •••という訳ではない。 何となく思いついて、昔の雑誌を引っ張り出してパラパラと読み返していて見つけたページ。 1976年、GAROを解散して間もない頃なので肩書は「ファイヤー」になっている。 掲載されているタブ譜とにらめっこし…

そしてもう1人、永遠の36歳

忘れようにも忘れられないもう1つの2のゾロ目。 これから先も何回誕生日が訪れようとも歳を重ねる事はない。 思い出すたびに、もうひと花咲かせて欲しかったなぁ、と思うのは私だけではないよね。 マークと2人で2月の誕生会やってるかな?(笑) HAPPY BIR…

EC part2

トミーのクラプトン好きの事を書いた際に http://mono-log.hatenablog.jp/entry/2016/11/22/233919 紹介した音源。 大村氏と2人、とても生き生きと楽しそうに演っていたのを思い出して、本当はこういうのを沢山やりたかったんだろうなぁ、と改めて思ったが…

EC

そういえばトミーはクラプトンが好きだったんだよなぁ•••とクラプトンの「Unplugged」を聴きながら思い出した。 「一人で行くさ」なんてモロ「Easy Now」だったもんなぁ••• ※まだ聴いたことがない方は是非一聴を!↓ http://mewbo.jp/song/video/eric-clapton…

ファイアー

GARO解散後、マーク(堀内護氏)は蛭田龍郎氏(ex.ミルキーウェイ)と「バースディ」というデュオ、トミー(日高富明氏)は弟らと共に「ファイアー」というロックバンド、ボーカル(大野真澄氏)はソロ、とそれぞれの道に進む事になったのだが、結局「バースディ」は…

閑話休題。 今から7〜8年前のある日、伯母が所有する別荘を借りて滞在していた。 部屋の片隅にレコードラックを見つけ、ほとんどが自分には興味のない、ジャズのそのLPコレクションを1枚ずつ見るともなく眺めていたその時、LPサイズだがレコードでは…

封印を解く鍵は?

GAROのメンバーのうち、若くして亡くなってしまったトミー(日高富明氏)とだけは結局直接お会いする事が叶わなかった。 生で観たのは73年の野音と解散コンサートだけ、告別式の日は時間が無くてまだまっさらな記帳簿に記帳だけはしたが見送る事はままならず•••…